CBD専門ライフスタイルショップ
CBD専門ライフスタイルショップ
カート 0

最近よく聞くCBDってどんなもの?違法じゃないの?

CBDオンラインショップ「CANNABIOL」へようこそ。

さて、早速ですが皆さんは「CBD」というものをご存知でしょうか?

日本では違法のイメージが強い大麻から抽出される成分の1つで、ここ数年海外では、癌やてんかん患者への医療として一般化してきています。WHO(世界保険機関)もその効果を認め始めています。

CBD(カナビジオール)とは

CBDとは100種類以上ある大麻由来成分の一種。

実際にCBDを抽出する流れとしては、まずは大麻草に含まれる100種類以上ある化学物質の総称である「カンナビノイド」を抽出します。このカンナビノイドの中から、今度はCBDを分離させて抽出することになります。

カンナビノイドの中には、いわゆる大麻の代名詞と言える「ハイ」になれる成分も含まれ、その成分が「THC(テトラヒドロカンナビノール)」

THCは大麻草の花や葉に多く含まれており、日本の大麻取締法の対象となっていますが、大麻草の茎や種子については規制の対象外となっています。

つまり、日本であっても大麻草の茎や種子から抽出したCBDをオイルや電子タバコなどで摂取する分には合法というわけです。

ですが、CBD商品の中には基準値以上のTHCが含まれていたといったケースもあります。THCが混入する理由としては意図的に混入したケース、それに、茎や種子にTHCが付着した可能性があるなど、諸説囁かれています。そのため、THCフリーのCBD商品を利用していると思いながら、気付かずにTHCを摂取してしまっていたという事例もあったようです。

海外から日本国内に入ってくるCBD商品は、通関の際に厳しくチェックされているとのことで問題ないようです。

CBDの効用

CBDが効能をもたらす病気のうち、例えば頭痛や炎症、がんや糖尿病などは誰もが罹患するリスクがあります。

このため、日ごろから定期的にCBDを摂取することが病気の予防になり、また現在ではCBDが実際に症状を緩和した多くの事例があります。

研究されている疾患

近年の研究結果により以下の疾患にも有効だという報告もあります。

・ざ瘡/ニキビ (Acne)
・注意欠陥障害 (ADD)
・注意欠陥多動性障害 (ADHD)
・各種 中毒症 (Addiction)
・後天性免疫不全症候群 (AIDS)
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS)
・アルツハイマー型認知症 (Alzheimer)
・神経性無食欲症
・抗生物質抵抗性 (Antibiotic Resistance)
・不安障害 (Anxiety)
・神経痛 (Arthritis)
・喘息 (Asthma)
・動脈硬化症(Atherosclerosis)
・自閉症(Autism)
・双極性障害(Bipolar)
・癌(Cancer)
・大腸炎(Colitis)
・クローン病(Crohn's Disease)
・鬱病(Depression)
・糖尿病 (Diabetes)
・内分泌疾患 (Endocrine Disorder)
・てんかん (Epilepsy/Seizure)
・線維筋痛症 (Fibromyalgia)
・緑内障(Glaucoma)
・心臓病 (Heart Disease)
・ハンチントン病 (Huntington Disease)
・各種 炎症 (Inflammation)
・過敏性腸症候群(irritable Bowel)
・腎疾患(Kidney Disease)
・白血病(Leukemia)
・肝臓疾患(Liver Disease)
・内臓脂肪型肥満 メタボ (Metabolic Syndrome)
・偏頭痛 (Migraine)
・気分障害 (Mood Disorderes)
・動揺病 乗り物酔い (Motion Sickness)
・多発性硬化症 (Multiple Sclerosis)
・吐き気(Nausea)
・神経変性疾患 (Neurodegeneration)
・神経因性疼痛(Neuropathic Pain)
・肥満 (Obesity)
・強迫性障害(OCD)
・骨粗しょう症 (Osteoporosis)
・パーキンソン病 (Parkinson's Disease)
...etc

WHO(世界保健機関)の見解

2017年11月に発表されたWHOの報告書によると、

乱用傾向の実験モデルで、CBD は、条件づけられた薬物処置区画の嗜好性あるいは脳内自己刺激にほ とんど影響を与えないように思われる。動物用医薬品における CBD 弁別モデルでは、THC 代用となることに失敗した。ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。

と、CBDの安全性を認めており、

CBD は、現在フェーズIII試験において純 CBD 製品(エピデオレックス)を用いたいくつかの臨床試験 でてんかんの効果的な治療として実証されている。CBD が多くの他の健康状態のために有用な治療であ るかもしれないという初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。

と、CBDの効果も認めています。

専門家はさらに、ヘンプは他の一部のサプリメントにあるような「神経を興奮させて元気になったように錯覚する」ような作用ではなく、「ちゃんと体に健康的に作用し、健全に元気になれる」と述べ、WHOもその報告書で、

効果が切れると逆にけだるさや疲労感がくることもない、今までに無かったサプリメントである。今のところ、CBDオイルを使用して体調が悪くなったり、眠けやダルさを感じたという例は報告されていない。

と報告書には記されています。

さらに、このサプリメントの素晴らしい効果が立証されたことで、すでにいくつかの国ではCBDオイル市場を取り扱うための激しい争奪戦を起こしています。

いまだに合衆国連邦はヘンプを含む商品の公式な取り扱いに前向きではない、にも関わらず、非公式ながら、海外からわざわざ取り寄せてCBDオイルを愛用する者が急増していることで、皮肉にも同商品の人気と注目度を強調することにひと役買っている。

とあります。

まとめ

今回はCBDに関する基本的な情報をお伝えさせていただきました。世界的にCBDに対する理解が深くなってきているのを感じてもらえたと思います。

では、今日ものんびりいきましょう。


新着順